ジェムストリーは、「ジュエリーに物語をそえて」をテーマに、豊富なデザインが揃うブライダルジュエリー(結婚指輪・婚約指輪)をはじめ、ダイヤモンドやカラードストーンなど稀少性の高い宝石と遊び心のあるデザインを取揃え、豊かなライフスタイルを応援している宝飾専門店です。
まずは、お電話でお問い合わせを  
オンラインでのご相談は24時間受付中

|  ホーム  | 会社概要 |  地図・アクセス | お問合せ |

メッセージ
ジュエリーコレクション
ブライダルコレクション
ジュエリーリフェーム





エンゲージリング(婚約指輪)
マリッジリング(結婚指輪)
をバリエーション豊富なリングの中から
お好みのデザイン、ダイヤモンドの大きさ、
グレード
選んで、貴方だけのお気に入りの
ブライダルリングが作れます。
まずは「BRIDIA」の専用HP上で
簡単に組み合わせ(セッティング)が
できますのでお気軽にお試しください。
もちろんお見積り無料


千葉県内唯一の取扱い店!
定額制ブライダルジュエリーブランド
「いい夫婦」の取り扱いを開始

婚約指輪(一律11万)と
結婚指輪(2本で一律11万)の
合計で22万円(税別)でご提供する
ブライダルジュエリーブランドです。
結婚するにあたり様々な支出が想定される中
この定額制は安心してお選びいただける
ブライダルリングです。


大人気のクロスフォーコレクション!
ダイヤが揺れ続ける「ダンシングストーン」や
高感度都市New Yorkをイメージしたブランド
「クロスフォー ニューヨーク」シリーズなど
デザイン豊富に取り揃えています。
かしこまったビジネスシーン、
お洒落を楽しみたいカジュアルシーンと
様々な場面で活躍するジュエリーです。
※ジェムストリーではダンシングストーンへの
リフォームも承っております。
お気軽にお問い合わせください。



指輪のサイズ直しやネックレスのチェーン切れ
などジュエリーの修理・メンテナンスは
ジェムストリーにお任せください。
大切なジュエリーのお悩み解決します。


地金買取のご相談は信頼と安心の
宝飾専門店ジェムストリーで!


女性を更に美しく輝かせるコスメティック
ジュエリーDIAMO「塗るダイヤモンド」
永遠に色褪せないダイヤモンドを塗るという
全く新しいタイプのジュエリーです。
この輝きは自慢したくなる美しさです!


ジェムストリーの店長・三橋健司が
宝石の産地へ直接買付をしています!
現地での感動物語をレポートします。
カナダ(アンモライト)
タイ(カラードストーン)
ベトナム(ルビー)
タイ(オリジナルジュエリー)

JCI
公益社団法人 佐倉青年会議所
店長三橋健司が所属し、佐倉青年会議所を
通じて様々な地域活動に取り組んでいます。


 



今回の旅の目的は、“ジュエリーの都”バンコクで希少で美しいカラードストーンの買い付けと宝石の研磨・加工、そしてチャンタブリの宝石鉱山の視察でした。タイの首都バンコクは、世界各地からカラードストーンが集積され、アジアの宝石の取引の中心地として有名な場所です。以前から宝石の源を実際に肌で体験したいと思い、百聞は一見にしかずということで思い切ってタイ・バンコクを探訪してきました。
   チャンタブリの鉱山と研磨の現場を視察

バンコクから車で約4時間の場所にある町・チャンタブリ。宝石の歴史は古く、19世紀頃からサファイアやルビーの採掘が盛んに行われていました。現在、鉱山は枯渇したとはいえ、わずかながらまだサファイアなどが採れるそうです。
採掘現場では、パワーシャベルで大きなホール上に地面が掘り返されています。掘り出された土砂はトロンメルといわれる穴の開いた円筒形の装置でふるいにかけられ、鉱石が含まれた土が穴から外へ落ちて分離されます。掘っては埋め戻しの繰り返しの作業は本当に気の遠くなるような時間をかけた仕事です。


原石と普通の石に大まかに分けられたものは、近くの選別所に運ばれ、ここでさらに原石のみが選ばれます。この原石を無駄なく、形のよい宝石に仕上げるため に、完成形を予想してカッティングが行われていました。10名ぐらいの職人が黙々と研磨し、ルーペ(拡大鏡)を使わずとも、寸分の狂いもなく磨き上げる技 術は驚くばかりです。

    色石の世界を堪能!時間をかけて念入りに買い付け

バ ンコク訪問の楽しみのひとつに、世界各地から集まるカラードストーンを目の前で厳選し、直接買い付けです。各バイヤーによって得意な石があるようで、一つひとつルーペで見てチェックしていきます。一度に数百点もの宝石を見るのは久しぶりでしたので目は疲れましたが、日本では中々見ることのできない宝石が一堂に集まっていたので、ここは気合を入れて最後まで妥協せずに選定しました。

  

   ジュエリーの加工現場を視察

30名近い職人が宝石の製造と加工を行っていました。クラフトマンは若い人たちが多いのですが、継続的な技術指導を繰り返し、研磨も加工も相当高いレベルになっていることがわかりました。私が見学している間も黙々と行い、一つひとつ手作業で根気のいる仕事です。

   タイを代表する宝石鑑別機関“タイ国立宝石研究所(GIT)”を視察

タイ最古の大学“チュラロンコン大学”の中に、“タイ国立宝石研究所(GIT:Gem and Jewelry Institute of Thailand)”があります。私はGIA(米国宝石学会)公認のG.G.(宝石鑑定士)資格を取得していますが、タイ国立宝石研究所は想像していた以上にレベルの高い研究所でした。何よりもバンコクはカラードストーンの集積地ですので、鑑別のサンプルが豊富にあることが素晴らしいといえます。これにより、高品質の石の基準が明確になっています。

 

今回、初めて訪れたタイ・バンコクは本当に感動の連続でした。宝石に携わる者として、原点ともいえる鉱山を視察できたこと、原石の研磨、加工の現場に立ち会えたこと、現地で実際に宝石の買い付けなど、ジュエリーが誕生するプロセスを肌で実感することができ、宝石の奥深さと神秘性をあらためて発見できた貴重な 旅となりました。(店長 三橋健司)
  

≫ジュエリー探訪記に戻る